めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

一年生になった〜ら🎵の歌の真髄とは?

  • おすすめ

もうすぐ春!

春といえば入学式!

幼稚園・保育園・一年生の入学準備に追われるママ達の

投稿もチラホラと出て来ました。

この時期になると

頭をよぎるのは

「一年生になったら、一年生になったら、友達100人できるかな?」

という歌のフレーズ

子供達は幼稚園や保育園という親が送り迎えする

そして養育者という大人の庇護の元での教育から

小学校という自分で登下校しなければいけない環境にいきなり放り込まれるのです。

 

そして、自分でお友達を作るというミッションを成し遂げなければならないのです。

 

そんな中、最近大人の世界での友達作りは

もっぱらソーシャルメディアに移行しつつあると感じます。

 

ソーシャルメディアのつながるチカラは凄い!

ということに私自身最近、改めて気付きだしました。

 

例えばfacebook!

 

沢山の友達がいて

「いいね」が増えることが目的のように感じていましたが、

 

実はそうではなかった事がわかりました。

facebookは新しい時代のコミュニケーション媒体なのです!

 

ひと昔前でいうと電話?の立ち位置でしょうか?

 

知らない人や関わりたくない人には自分からあえて電話はしませんよね?

 

何か用事があるときや

声が聞きたいとき

お誕生日やアニバーサリーなどに

お祝いのメッセージをしたいとき

 

落ち込んでいる友人に励ましの言葉をかけたいとき

 

それが電話を使う理由です

 

昔、NTTのコマーシャルで

「会うことが一番!」って言いながら

電話で故郷の親と話をするというシーンがあった気がします。

 

そうなんです。

会うことが最強のコミュニケーションの方法だけど

会えなくても

こころの中から湧き出る言葉達を使って

思いを伝える

 

それは会うよりも

電話よりも

ソーシャルメディアの方が

伝わりやすかったりします。

 

そして・・・

初めての人に電話するとき!

マナーとして自己紹介と、

電話をした理由は伝えますよね?

 

つまり、そういうことなんです。

 

初めまして!私は恵です。

ママ達と「子連れがメリットになる働き方」を作るためにNPOで色々やっています。

是非お友達になって色々と情報交換をお願いしたいのですが、お願いできますか?とか
長い間ご無沙汰している同級生や知人には近況を知らせて、
また、つながりたいので宜しくね❣️
みたいなご挨拶と言うかマナー?大事だと思いませんか?

 

そして、
「一年生になったら」の歌の歌詞にあるように

まずは、心からつながりたい、つながってくれる、友達100人を作りましょう。
脳科学的に人が認識できる知り合いの数は150人ぐらいまでらしいです。

 

昔、携帯がなかった頃、友達の電話番号は記憶していました。

多分150人ぐらいが限界です。

 

年賀状や結婚の招待状なども個人で出す数は150人までらしいです

 

だからfacebookでも、自分が把握できる友達は150人だと言うことを理解すること。
そして、その150人を死ぬほど大切にして

コミュニケーションすることなのです。
そして、ここからがfacebookの凄いところ!

死ぬほど大切にしたい150人にも、

死ぬほど大切な150人がいれば

そこからは足し算ではなくて掛け算が始まります。

 

これがfacebookの使い方!

あ!でも、気をつけないといけないのは

facebookはあくまでも個人の電話機だと考えましょう!

 

セールスの電話は切られちゃうよね?

 

今度海行こう!とか、

美味しいラーメン屋見つけたよ!とか、

すげえ感動した映画とか

よくわからんけど生ハムと焼うどんって知ってる?とか

 

そんな、

相手にとって

つまり、

大事な友達にとって

 

「あいつの情報オモロイよな?」

って言う存在になれるかどうか?

 

リアルでもそんな人の周りには

自然と仲間が集まるよね?

それがfacebookの使い方なのです。

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ