めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

効率は追いかけるな!

  • おすすめ

大量生産、大量消費の時代はとっくに終わっていて

人々はものを買わなくなりました

正確に言うと、必要でないものは買わなくなった。

 

爆買いで有名な中国の旅行者も

最近は炊飯器とかは買わなくなって、マイナスイオンのドライヤーとか

になっているらしい

 

つまり、暮らす中で必要なモノが揃ってきたっていうことだと思う

 

そうなると、ヒトは精神的な充実を求め出す

 

生産性重視の時代は効率がいのちになる

いかに無駄をなくすか?いかに効率良くまわすか?

でも、今それをやって一番早いのはロボットなのだ

生産性も、効率も

ロボットにはかなわない

なぜならロボットには感情がないから・・

 

ヒトの自律神経や潜在意識というのは面白くて

どこかが特化し出すとバランスを取ろうとしだすらしい

 

どちらかというとのんびりやさんのヒトが気合と根性とかでハッパかけられて頑張り出すと

メンタル的にしんどくなったり、風邪ひいたりする

これも同じで自律神経がバランスを取ろうとして体にブレーキをかけるらしい

 

ヒトは無理をして良いことをしすぎると

同じだけどこかで悪いこと(と本人が無意識の中で感じること)をやりだすそうだ。

 

最近話題になった育休議員さんの浮気発覚事件などはその典型かもしれない

良い父親を演じ、それを国会議員という仕事上でのアピールに使って

良きパパ、良き国民を急激に演じたため

自律神経がバランスをとりたくなったのだろう。

実はお気の毒な人なのかも知れない

 

ママハタの事務所には0歳児のゆきちゃんという赤ちゃんが

週に2〜3日ほどママと子連れ出勤という形でやってくる

 

ゆきちゃんがいるだけで皆が笑顔になる

最近はハイハイしだして、ママはなかなか仕事がはかどらない

でも、空気が和むし、ゆきちゃんが来ない日はなんだか寂しくなったりもする

ママはゆきちゃんが寝てる間、猛烈に仕事をする。

すごい集中力だ!

 

多分一人で来ている時より

かなり効率がいいし、

でもギスギスしていない。

なぜならゆきちゃんという存在がいつもそばにいるから

 

「はたらく」ということばんの語源である

「傍をらくにする」の本当の形なのかも知れない

 

海外の笑い話がある

 

あるビジネスマンが南の島でバカンスを楽しんでいた

するとヤシの木陰で昼寝をしている子どもたちがいた

ビジネスマンは子ども達に言った

 

ビジネスマン「君たち!こんなところで昼寝をしてないで勉強しなさい!」

こども「勉強したらどうなるの?」

ビジネスマン「りっぱな大学に行ってりっぱな会社に入れるよ」

こども「りっぱな会社にはいれたらどうなるの?」

ビジネスマン「お金がいっぱいもらえて休みの日には僕のようにバカンスが楽しめるよ」

こども「バカンスって?」

ビジネスマン「例えばヤシの木下でのんびり昼寝をするとか」

こども「じゃあ今ぼくたちがやっていることだね」

ビジネスマン「・・・・」

 

これからの時代のはたらきかたは

 

やりたいことのために

やりたくないことをしてはいけない

のかも知れない。

 

もう効率を追いかける時代ではないのだから

 

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ