めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

子育てに正解はない?

  • おすすめ

昨日は私の59回目の誕生日でした

たくさんのお祝いメッセージが届きました

今の時代ならではの誕生日の祝い方ですね。

意外とシャイな私にとっては、

直接、顔を見ながらおめでとうとか言われるより

このスタイルは素直に喜べて結構嬉しかったりします。

奄美大島では

年の祝いというのがあり

おじいちゃんやおばあちゃんの年の祝いを盛大にやります

全国から子供や孫やひ孫が集まって

五十人とか百人規模でやる大宴会です。

長く、元気で生きることが賞賛されるお祭りのような感じです

だから長寿の島なのかなあ?と思ったりします。

素敵な習慣です。

そんなことを考えていたらスペインに住んでいる娘から

私のfacebookのタイムラインにお祝いメッセージが届きました。

別の方からのメッセージで「娘さんのメッセージで感動しました!」とあり、それで気づくという

今の時代ならではのサプライズです。

これもちょっと嬉しかったので親ばかながらシェアします。

【娘からのバースデイメッセージ】

お母さんは、私が6歳のとき初めて友達と二人だけでミスドに行くと行った時行っておいで!と言った。
14歳のとき学校行きたくないと行ったら、じゃあ行かなかったら?と言った。
19歳のとき仕事やめたいと行ったら、それじゃあやめたら?
21歳のとき日本を離れると言ったら、じゃあ行っておいで!と笑顔で言った。
26歳のとき赤ちゃんができたことを知ったときは泣いて喜んでくれた。

お母さんは、私の好きなようにさせてくれたんじゃなくて、
私ができると心から信じて言ってくれていました。
私の人生を私のものと尊重してくれました。
あの時本当はもっと言いたいこともあったのかもしれない。
(今まさに母である私だったら言っていると思う)

でもお母さん、33歳になった今でも、私は
「お母さんは、私ができると信じてくれている」という安心ゾーンを
胸の中に大きく持っています。
その安心ゾーンがあるから、何事にも前向きに、「できる」という気持ちで
取り組めます。

どこまでもプラス思考で
とっても創造的で
そして人生を楽しむことを知っている
そんなお母さんの子に生まれて私は本当にラッキーです!

お誕生日おめでとう。
娘より愛を込めて❤️

 

もし、今子育てで悩んでいる人がいたら

教えてあげたいです。

 

子育てに正解なんてない!

こどもは元々生きる力を持って

地球にやってきたのです。

親の役目はその子が自分の使命に気付くまで

俯瞰して見守ること

そしてそれは親自身の成長にもつながるのです。

子育てって大変でとても素晴らしいイベントなんですよ

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ