めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

ヒトはポジションで役割を演じる生き物

  • ママの働き方革命

おはようございます🎵

朝は涼しいから大好きゆっきーです。

 

「すべてこの世は舞台だ」ってシェイクスピアが言ったらしいけど

最近ゆっきーの1日はちびっこギャングに支配されている中で

気づいたことがあるんだよね?

 

 

ヒトは役割に応じて自分を演じる生き物なんだって・・・・・・

 

IMG_5442

あ!らっきーくんも犬ながら自分のポジジションを心得ているみたいだよ🎵

 

 

 

例えば長男のTEOは妹二人のお兄ちゃんというポジション!

二番目のMAYAが生まれるまでは世界はTEOを中心に回っていたはずなのに・・・・

いきなり「兄」というポジションが与えられるのだよね?

 

 

 

例えば会社とか学校とか部活とかだと、「ポジション」はある程度本人の意思や努力で

勝ち得るものだったりするのだけどね?

 

 

ヒトにとって最初の「社会」となる家族のポジションって本人の意思に関係なく

「ある日突然やってくる」んだよね?

 

 

そして「おにいちゃんなんだから!」とかって言われた日にゃ・・・・・

ってことなんだよね?

 

 

 

儒教の五倫の中に「長幼の序」っていうのがあるんだけど

 

社会の秩序を守るために孟子さんってヒトがつくったらしいんだけどね

 

で、シェイクスピアさんも孟子さんも

おそらく育った過程で何らかのポジショニングがあったと思われるのだけど

ポジションに応じて「役割を演じる」って必要があったのだろうな〜〜〜?

 

 

 

ママハタでは

ママ達にポジションを与えている

 

 

今まで

「◯◯ちゃんのママ」って呼ばれていたヒトが

いきなり

「学校長!」とかって呼ばれたりするのだよ

 

 

 

その時に出てくるのが

その人が育った過程でのポジショニング的な人格が出てきたりするから面白い!

 

 

支配的で威圧的な指導者になったり

協調的だけど何も決めれないタイプだったりする

 

 

 

で、この役割を活用して

その人のステージを上げていくこともできるし

だめになっちゃう場合もあるんだよね?

 

でもそれもすべてそのヒトがもっている人生の課題だったりするから

気づいてステージを上げるチャンスだったりもするんだよね?

 

そんなことを思いながら

ちびっこギャング達のやり取りを聞いていると

すんごく面白い〜〜〜🎵

 

ヒトって

人生っていう舞台の中で

色々な出会いを通して

自分の役割を演じることができる・・・

 

どんな役を演じるかは自分次第

もっと言えば

子どもにどんな人生を歩んで欲しいかを決めるのは

親次第ってこと

 

「長幼の序」はそういう意味で

なかなか使える方法だったりするんだよね?

 

朝から子ども達のやり取りを見ていて思ったのはそんなことだよ〜〜!

 

今日もあなたに素敵な出会いがありますよ〜〜〜に🎵

 

ばいちゃ!

 

 

 

 

 

 

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ