めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

比べてる?

  • おすすめ

今日は朝から奄美は豪雨!

 

亜熱帯の奄美地方は一年に366日雨が降るって言われるぐらい雨が凄いのよね。

シトシトとかないからね!毎回豪雨(笑)

 

でも、ある意味気持ちいいぐらいザーッと降るから、

子どもの頃は大雨の中でキャーキャー言いながら遊んでたりしたなあ!
子どもって無邪気だよね?
自分と他人を比べるってあまりないよね?

ある意味自己中だから

自分のことしか考えてないからね?

 
思春期になって、自分と他人が違うことに気付いて

たまに、少し落ち込んだりしたけど、根は楽天家なんで、落ち込みは続かない(笑)
でも、都会に出て、子育て期に洗礼を受けたのよね?ママ友っちゅーヒトから・・

 

うちは当時団地に住んでいて、

東京から転勤してきた斎藤さんっていうママ友さん!

とっても素敵な人で子ども同士も気があうし、毎日斎藤さんちに入り浸っていた。
ある日、斎藤さんちのお隣の奥様(ほんまに、奥様って感じのいじわるなお局みたいな人やった)

がベランダから斎藤さんに言ってたのが聞こえたのよね?

 

「えっ?今日も来てるの?団地の人でしょ?常識ないわよね〜?」って
がぁ〜〜〜〜〜〜〜〜ん!

 
常識ない〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜?

 

 
団地の人〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜?
つまり
貧しくて教養のない人?ってこと〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜?
まあ、大当たりなんだけどね?
ショックだったのは
あんなに優しくて素敵な斎藤さんも、もしかしたらそう思ってる?ってこと
ウェ〜〜〜ン!って心の中で泣きながら、

遊びたがる子どもを引きずって「ちょっと急用思い出しちゃって」って帰ったのを覚えてる。

 
この時初めて、都会では貧富の差が激しいのだ!って思った(笑)
それから、こどもが大きくなると、子どもの習い事とかこれが出来る出来ないとか、

比べることが始まった!

 

できないことが不安になって

 

嫌がって泣く長男を無理やりラグビー部にいれたりね(笑)

その時息子が言った言葉

「おかあさんなんでラグビーはボールが一個しかないの?みんなにあれば取り合いしなくていいのに」

確かに・・・

 

よその子と比べる

どっちができるか?どっちが早いか?

 

息子の良いところを伸ばすのではなくて

 

できないことを克服させる教育ママゴン!

 

最悪だよ〜〜〜〜!

 

ある日気がついた!

 

「こんなママ友の関係性の中にいたら腐る!」

ってことで子どもを保育園に入れて働くことにした

 

仕事を通して繋がる社会は面白かった!

 

そうなのよね?子どもがどうとかじゃなくて、親である自分に自信がなくて

自分が自分にOKが出せるかどうか?そこだったのよね?

 

今なら大きな声で言える!

 

子どもに自信をもたせたかったら

 

おかんが自分に自信を持つこと!

 

ヒトと比べないこと!

 

自分がワクワクできることをやること!

 

そしたらね・・・

 

器が大きくなって

 

「この子はこの子の良いところを伸ばせばいい!」って思える様になるのだよ

 

だって、自分が人生楽しいからこどもにも「地球は良いところだよ」って言えるよね?

こどもは楽しそうなママの背中を見て「早く大人になりたい!」って思うのだよ。

 

だから、今日も誰とも比べずに

 

目覚めたことに感謝!そしてワクワクすることを大好きな人たちとやろう!

 

今、周りにいなくても大丈夫!

だって今は、SNSで誰とでも繋がれる時代!

SNSでその人が発信していることを見ればどんなヒトかわかる時代!

 

そう!好きなヒトとの関係性が築きやすい時代になったのだよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

だからワクワクすることをワクワクするヒトとやろうよね?

 

今日もあなたに素敵な出会いがありますよ〜〜に🎵

ばいちゃ!

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ