めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

選ぶチカラは自分で培うしかない

  • おすすめ

【選ぶチカラ】

 

細胞環境デザイン学を学び出して3ヶ月

今まで何となく見聞きしてきた事がどんどん解明されて明らかになってきた。

 

ふーんそうなんだ! マーガリンは石油と同じ素材なんだって?怖い〜!食べないでおこう!

コーヒーフレッシュも石油系だから入れなければ良いよね?私はブラックコーヒーだから関係ないね

砂糖も塩も精製されたのは栄養素が無いし加工品だからやめておこう

肉や牛乳はやめてマゴワヤサシイと豆乳にしよう

トランス脂肪酸の入ってるマヨネーズとかカレールーとか外食の揚げ物はやめてサラダ油ではなくオリーブ油、亜麻仁油にしよう

調理法は蒸す!煮る!生が理想 !

 

こんな感じで少しずつ学び出してた。

 

でも、細胞環境デザイン学はそんな枝葉末節な話ではなくて

 

ビックバンから地球誕生、そして、人類の祖先シラノバクテリア

海から上がってきた人間の祖先がミネラルをいかに苦労して摂取してきたのか?

そんなヒトの根本的な分野からアプローチしていく予防医学という学問なのだ。

 

ママハタの組織にいると毎月のように新生児に会える。母親のお腹の中で卵子が細胞核分裂によってどんどん進化して行く様子はまさしくヒトが水中動物から陸上動物になった進化にリンクしてる。

産まれてからも、寝てるだけの赤ちゃんが四つん這いから歩き出し言葉を喋る過程はヒトの進化そのものなのだ。

そんなところからアプローチしている細胞環境デザイン学は海のように広くて深くて興味深い

 

私の好きな言葉の一つ

マハトマガンジーさんの言った

 

【明日死ぬのごとく生きろ!永遠に生きるかのごとく学べ】

 

60歳になった2年前

ママハタの理事長を快く引き受けてくれた合田三奈子なっち理事長のおかげで

新たに奄美で一般社団法人ママ脳総合研究所を立ち上げ

全国に広がったママたちに赤ちゃん先生プロジェクトに続く第二弾の事業を模索していた。

色々な出会いからの親子カフェ「ママざにあ」のオープンに際して選んだメニューが「マゴワヤサシイ」だった。そこからのご縁で細胞環境デザイン学に行き着いた。

 

食の安全が脅かされているのはわかっている

 

でもそれが私たちの生活にどう影響するのか?

なんでからだに悪いのか?細かい話はよく分からない

だから「まあいいか・・」ってなっている。

そんなことをきちんと理論立てて伝えていきたい!

そしてそれをママのお仕事にしたい!

 

そんなことを8月の細胞デザイン学中級クラスで感じてすぐに上級クラス

そして資質シニアインストラクター、京都大原でのファスティングへとどんどん学ぶ場ができた。

 

この学問の凄いのは座学だけではなく自分の体で試すことでより深く実感できること

どんなに素晴らしいお医者様でも患者に進める薬を全て自分で試すわけには行かない

どんなに有名なお医者さんでも自分の体の中に癌を増殖させてそれを切除、そして化学治療をしているわけではない。

そういう意味では山田豊文先生の細胞環境デザイン学は何十年もかけて、山田先生自ら自分で体験して結果につながったもの、そして数多くの署名人、アスリートなどが実際にやって素晴らしい結果の出たものっていうところが凄い!

この出会いに感謝するとともに、未来を担う子どもたちの食を変えていく環境を変えていく一助になるべく全国のママハタメンバーに環境デザイン学を伝えて行きたいとこころから思いました。

そしてマゴワヤサシイをベースに10月20日に神戸でオープンした一号店子連れで働く健康カフェ「ここから」。今後全国展開する健康カフェは早くも2店舗目来年1月、3店舗目来年4月のオープン日が決まった。

 

【熱い想いを持って二人以上の人が集まった場には神も居る】

 

聖書かなんかに書かれている言葉らしい・・

赤ちゃん先生立ち上げのころに起きたセレンディピティが毎日のように起きている

遂に第二弾動き出すことでママのはたらきかたが大きく変わりそうだ

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ