めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

「ママ」というポジションができれば何だってできるんだよって改めて気づいたってことです。

  • おすすめ

おはようございます♪東京は蒲田の朝です。

昨日は怒涛の東京⇆豊橋滞在50分の弾丸ツアーでフラフラでしたがとても充実した1日になりました。そんな中で松本百合子社長のことばがとても素敵すぎて未だにこころに響いています。

 

【会社の経営やってる方が主婦業よりも楽だ!】

 

松本社長は創業90年!日本で最初のモップを世の中に送り出した老舗「日の出株式会社」をお父様、旦那様、のお二人を立て続けに亡くされて会社の経営状態も芳しくなく、親戚一同誰も社長をやりたがる人がおらず、主婦業しかやったことのないご自身が社長に就任されたということ。

彼女のことば「会社経営は子育てと同じですよ。社員は子どもと同じ、どんな状況であれ見捨てることはできなかった」は経営はテクニックではなく「愛」なのだ!ってことを改めて感じさせてもらいました。

全くの素人、しかも経験は専業主婦のみ・・だけど社員に対する「愛情」だけで経営難を乗り切り、歴史のある会社を復活させて銀行さんに「会社経営の方が主婦業よりも楽です!」って言ってのけた男前ぶり(笑)穏やかで優しい物腰からは想像もできないほどの葛藤と苦労があったに違いないけどそこを全く感じさせない・・・まさに子育てとおんなじだ!って思った。

 

【こどもに対する愛だけでママは様々なことを乗り切っていく】

 

女性の一生の中で一大イベントである「出産」はメンタル的にも肉体的にも今までの価値観を覆すような出来事・・よく言われるのが「男性には出産の苦しさは耐えられない」って話。現実には不可能なんだから何とも言えない話だけど。私自身も自分の人生の中でこれほど思い通りにならない「生き物(笑)」に遭遇したのは初めての体験だった。

1年365日24時間まったなしで強制的に訓練させられるのが子育てなのだ!

夜中に叩き起こされる、寝たと思ってベビーベットに置いた途端に泣き出す・・「お願いだから寝てくれ〜〜!」って「泣きたいのはこっちだよ〜〜!」って何度こころで叫んだことか・・(笑)それでも寝顔や笑顔を見ているとやっぱり「可愛い」のだ。

【マルチタスクという物凄い脳力】

 

独身時代は自分のことだけやっていればよかったけど、新婚時代は二人のことだけやっていればよかったけど、こどもが生まれた途端!後には引けない怒涛の日々が始まるのだ。洗濯物は一気に3倍ぐらいになるし、いくら掃除したって散らかすし、食事は1日3回作らなきゃいけないし、買い物とかお出かけすれば公共の面前で泣くは暴れるわ・・そして周りの白い目に謝り倒す日々・・・自分自身一人の女性として仕事の能力には自信があったのに子ども一人に振り回されて自己嫌悪・・それが元キャリアウーマンで現在乳幼児を育てている母親の正直なこころなのかもしれない。だけど間違いなく子育て期を頑張った女性の脳力ははるかに高くなっている。本人が意識すれば自分の脳力がどれほど伸びているのかを気づくと思う。

 

そして、視点を変えて見たら、これほど多くのことを一手に引き受けてやれるということは経営者としての能力はある!ママパワーが発揮できるのではないか?たまたま松本社長はそういう環境に身を置いたことで「覚悟」を決めたのだ。環境さえ整えばもしかしたら子育てを経験した母親の能力は経営者というポジションでかなり高いパフォーマンスを発揮できるのかもしれないな。

 

松本社長のお話を愛知のママたちが目を輝かせて聞いている姿を見てそんなことを思った日でした。

今日もワクワクな1日になりそうですね。

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ