めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

こどもたちの可能性を伸ばすのだけが親の仕事といってもいいのかも?って思えた四日間だったな〜〜!

  • おすすめ

おはようございます♪

大雪のぴっぷ町で目が覚めました。気温は相変わらずマイナス17度と二桁です。

いや〜〜!子ども体験塾最初はどうなることかと思ったけどやって良かったな〜〜!子ども達に勇気をたくさんもらったなって思う。今回は以前のこども社会起業塾の時の反省を生かして、こども達を急かさない、計画も時間もアバウトで行こう!って思いました。その代わりにたくさんの地元の方のアテンドの協力をえること!こどもたちが色んな大人とつながることで、「世の中にはいろんな人がいていいんだ!」っていうことを感じて欲しいって思ったよね

 

エクスマの藤村先生のお話を聞かせたかったのもその一つ!こどもたちの世界にいる大人って、親か学校の先生か、塾の先生だったり、こども会のリーダーだったり、とどちらかというと「頑張れ!」っていう大人が多い気がする。今のこどもたちはもう十分頑張っているのだと思うんだよね。それもあまり好きではないことでね(笑)

 

私がカブスカウトのリーダーをやっていた頃そんなシーンがあった。小学二年生だった男の子がキャンプ最終日に「家に帰りたくない」って肩を落としていたことがある。中学受験に向けて塾通いの毎日!お母さんに「いやだ」って言えなかった彼は今頃どんな大人になっているのかなあ?ってなにもできなかった自分への後悔とともに、今でも彼の寂しそうな背中を思い出す。だから自分が出会う子ども達にはもっともっといろんな価値観の大人に、もっともっと楽しく生きている大人に、もっともっと美しく生きている大人に会わせてあげたいって思うんだ。

 

こどもをこどもとして扱わないこと!こどもたちはボキャブラリーが少ないだけで感性は今の大人達よりもよっぽど鋭いし、情報や考え方はよっぽど未来的なんだと思う。

 

子ども体験塾が終了してこどもたちから感想が届く・・今の時代らしく、写真とSNSで・・そう!こどもたちはそういう時代をこれから生きていくんだ。親の価値観とか親の過去の体験は実はこどもにとってある意味弊害になるかもしれない時代がやってくるって思う。

かっこいい大人に会いに行く「子ども体験塾」もっともっと進化する気がしてワクワクしています。参加してくれた子ども達、そしてこどもを参加させてくれた親御さんたち、そしてアテンドしてくれたたくさんの方々。本当にありがとうございます。人は善意でできているっていうことをこれからの時代を生きる子ども達に伝えて行きます。

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ