めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

【夕飯何食べたい?って聞かれてリクエストしたメニューが出てこないと嘆く日本人夫と期待した答えが出てこないと嘆く妻の記事を見て思い出した件】

  • おすすめ

「日本中のママのはたらくを応援したい!」

奄美に拠点を置き、全国を飛びまわってママ脳の凄さを伝えているゆっきーことめぐみゆきこのブログです

おはようございます♪

今日も朝から大雨な奄美です

小賀 真紀(コマキ)のfacebookページを見て数年前に本か何かで読んだ

トリンプの元会長吉越さんの話しを思い出した!

なので少しシェアさせてください。

個人的に日本人と欧米人の考え方?文化?教育?の違いが明確に出ていて

面白い!って思ったよ♪

こまきがシェアしていた記事

「夕飯何食べたい?」が持つ理不尽さと、ベストな返答の考察

こちら

「夕飯何食べたい?」って聞くのは妻が作るのが当たり前!が前提にある気がした。

私自身も経験があるけど

日本人の「夕飯何食べたい?」という質問はある意味夫婦のコミュニケーションの手段なのだと思う

この記事でもそんな空気感が流れている

でも、フランス人の妻が聞く「晩御飯何食べたい?」はそもそもの質問の本質が違う。

元トリンプ会長吉越さんの奥様はフランス人でフリーランスでお仕事もされていた

当時のエピソード!

休みの日のお昼前に奥様が聞いた「お昼ご飯何にする?」

吉越さんは「お蕎麦でいいよ」と答えた

その後に返って来たのは「なんでお蕎麦なの?」との質問。

つまり、「私が私の時間を使ってあなたのリクエストを聞いて更にそれを作るのに私の時間を使うのだからそのメニューになった理由を明確に述べよ!」みたいな話なのだ(笑)

 

記事内にも出てくるけど、日本人でよくあるのは「えっ?お蕎麦って言われても材料ないし、他にないの?」とかって言われて結局は妻が作りたいもの(もしくは冷蔵庫の中にあるもの)に落ち着き、夫は心の中で「それなら最初から聞くなよ!」ってなる(笑)

これって国民性なんだろうけど

日本人は場の空気を考えて自分の意見を押し通すことはしない(そういう教育を家庭でも学校でも受けている)

けど後で悶々とする(笑)

フランス人は理由を追求して答えに納得したら材料がなくても買いに行く、もしくは外食する

なんでか?相手の「お蕎麦が食べたい」という理由に共感(納得)して共有したいと思うから・・・

この時吉越さんはこう答えたらしい

「昨日は会食で中華料理を食べて胃がもたれ気味だから今日はあっさりしたものが食べたい」

日常の些細な会話だけど

そこに価値観や感情をキチンと入れて行く。

コミュニケーションは日常の些細なところで起きているのだ

 

そしてこのようなことが日常に会話できるスキルがあるのは

家族が一番大切な存在!っていうベースに基づいた家庭教育にあるのだと思う。

子どもの頃からしっかりと自分の意見を持ち、理不尽なことは相手が親でも教師でもキチンと話し合う文化。

ちなみにフランス人(娘のいる国スペイン人も同じだった)の自宅での食事はあまり手をかけない。

日本みたいに「熱いものは沸騰させてから即座にテーブルに出す」ようなことはしない

基本的に火を通さなくてもテーブルに出せるものが多い(生ハムとかボイルのエビとかとサラダやフルーツ)

でも食事の時間は2時間ぐらいかける。夕飯は家族が今日あったことを話す場なのだ

食事のマナーとかは自由すぎるぐらいフランクで

日本みたいに全員が揃ってからとかはないし、「いただきます」も「ごちそうさま」もない

宗教による祈りはあるみたいだけど・・・

これは食事を楽しむ時間というよりも

今日あったことを家族でシェアし、コミュニケーションの時間を大事にしているってこと

それぞれのその日の出来事に対してお互いの価値観を分かち合うのが「夕飯の時間」なのだ。

文化だからどちらが良いとか悪いとかではないかもしれないけど

私は個人的には

お互い言いたいことを我慢して悶々とするのであれば、

(自分の体験上、文句をいうときは辞めるときみたいな・・笑)

フランス式を家庭の中で取り入れる事で理解し合える関係性を築ける気がするし

子どもたちが国際結婚をした時にうけるカルチャーショックは少なくなるかも(笑)

このことから感じたのは
小さい頃から自分の意見をキチンと相手に伝えるちからがあるというのは
結果的に子供達が家庭を持った時に「ファミリーファースト」になるのだと思った。

一番大切なのは家族なのだ!っていう姿勢が家族の中で育つんだと思う。

それが世界平和につながる・・

ママハタの資格取得講座にも出てくるマザーテレサの世界平和にむけたことば

「家に帰って家族を愛しなさい!」につながるのだと思う。

そんなことを思った記事でした。
今日もあなたに素敵な出会いがありますよ〜〜に♪
ばいちゃ!

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ