めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

なんで赤ちゃんとママが建築資材メーカーさんのイベントに参加するのか?

  • ママの働き方革命

「日本中のママのはたらくを応援したい!」

奄美に拠点を置き、全国を飛びまわってママ脳の凄さを伝えているゆっきーことめぐみゆきこのブログです

 

 

 

おはようございます♪

まだビックサイト近くのホテルにいます。

そして今日から秋田入りです。秋田に何しに行くのか?

ママハタにとても興味を持ってくださった企業さんがいるので

ジャパン建材の方お二人と一緒にママハタのお話をしにいくのです。

そもそも、なんで赤ちゃんとママがジャパン建材さんのビックイベントでブースとかセミナーとかしているのか?

今日はそのあたりの謎に迫ります(笑)

 

 

確かに家に一番長くいるのはママかも知れない・・

でもおじいちゃんおばあちゃんだって長くいるよね?

確かに家を買うときの決定権はママが握っていたりするのかも知れない・・

でも、パパが稼いでいるからパパの猛反対の前では決定しにくいよね?

もちろん、そのあたりは大きな要素ではあるけど

そんな理由だったら別にママハタがやる必要はないのだ!

 

そう!実はジャパン建材さんからお声がかかったときにこちらからご提案したのは

家を建てるということだけではなく

結果的に家を建てたい!っていうニーズもあるかも知れないけど

それよりももっと大きなビジョンを話させてもらったのだ!

それは、「赤ちゃんとママのちからで町おこし!」ってビジョン♪

子育てを通して街とつながって行くのはやっぱりママなんだよね?

自分の住んでいる街が住みやすくてつながってて元気な街だったらいいよね?

 

だから、行政とか企業だけに依存するのではなく文句とか言うのではなく

自分たちの理想のまちづくりを自分たちで地域を巻き込んで創ろう!ってこと

それが子連れでできるお仕事になれば最高だよね?

 

ってことで

今回のビックサイトイベントにも来てもらったのは

北海道のど真ん中にある人口3800人の小さな街「ぴっぷ町」のママたち3人♪

街ごとエクスマ化っていう面白い取り組みをしている!

その街のセミナーでエクスマの藤村先生が

ママハタのことを少しお話ししてくれたみたいなんです。

そしたら3人の子供のいるママさんが「やりたい!」って手を上げてくれて

町役場も応援してくれて7月1日にママハタぴっぷ校が立ち上がったのだ!

 

で、もちろん!やるのは「赤ちゃんとママの力で町おこし」ってところ

だからこそ、ジャパン建材さんのビックイベントに来て欲しかったし、

今は地方にも大きな可能性があるってことを運営側として体験を通して知って欲しかった。

ママたちが集まれる「場」を企業さんや行政と一緒に立ち上げて

もちろん管理も運営も資金集めもママたちがやる!

ママのあったらいいな〜〜!を形にしたような場所を作り

近隣の町からたくさんの子連れママがやってくる場所にする♪

 

これはママハタで赤ちゃん先生をやる前に経験済みなんだよね

子連れで働ける場所があれば給与とかあまり関係なく距離とかもあまり関係なく

ママたちは集まってくるから〜〜♪

そして気に入って通い出したらそのうちに移住しようってなる!

それはもちろん街が子連れママ世代に理解を示してくれて

中国のことわざにもある

「魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えるサポート」があるかどうか?ここがポイントだと思う

 

そういう意味でも

大手建築資材メーカーのジャパン建材さんとつながり

地元の工務店さんとつながり

行政とつながり

中心には地元のママたちが子連れでできるお仕事を創る♪「場」の提供をする!

ママの働き方応援隊の目的はそこなんだよね♪

 

「はたらく」は「はたをらくにさせる」っていう意味がある

地域がらくになるサポートをママが赤ちゃん連れでやる

そんな「はたらく」を創ることができたらきっと日本は変わるよね?

 

ってことで

今日もあなたに素敵な出会いがありますよ〜〜に♪

ばいちゃ!

 

 

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ