めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

なんでも楽しむ癖をつけよう!

  • 視点を変える

 

 

おはようございます。

昨日から出張です。今朝は成田のホテルで目が覚めました。

 

仕事でも

町おこしでも

子育てでも

「どうやったら楽しくなるかな?」って考えてる?

 

同じ現象でも捉え方で人生って全くちがうものになると思う

ゆっきーは子どもの頃から「妄想癖」があったのだよ

現実逃避ってのではなくて

何でも楽しい方に考える癖

その癖は仕事上でもやっぱり同じ!

どうせやるなら楽しい方がいい!

どうせやるならみんなが笑顔になる方がいい!

 

赤ちゃん先生は

「どうやったら子育てが楽しくなるか?」が原点にあった気がする

自分の子育て期には全然余裕がなくて

期間限定の子育て期をあまり楽しめなかった

でも孫ののんたんとの出会いで「赤ちゃんの面白さ」を大発見!

そしてできたのが「赤ちゃん先生」

お陰様でママたちの共感を得て今は全国に広がっています。

 

そして最近はじめた黒板同盟で気づいたのは

やっぱりこどもって面白い!こどもに関わるプロジェクトをやろう!ってこと!

 

もともとカブスカウトのリーダーを10年ほどさせてもらっていたのも

野外活動とか全く興味なかったゆっきーが小学生たちの面白さに目覚めたからなんだよね

でも、子どもたちの野外活動をやっていく中でその子たちの親であるママの考え方が子どもに大きな影響を与えるってことに気づいたのだよ。

どれだけ子どもたちを盛り上げてもママの理解がなければ子どもが不幸になるだけだよね?

ってことで、赤ちゃん先生を皮切りにママの思考を変える事業をスタートすることができた。

 

そして一番やりかたっことをそろそろ手がけようかな?って思ってる。

それは、子どもたちがいろんな場面で「楽しめる思考」を身につけることができる

「こども商工会」って感じの取り組み

 

これからの時代はいい大学を出ていい会社に入ってって時代じゃないよね

ユーチューバーがこどもの「なりたい職業NO1 らしい・・

つまりこれからの時代は価値観が大きく変わるのはもうまちがいなくて

 

そこを考えた時に学校の授業の先にあることを

子どもの頃から理解して学ぶのがいいと思うんだよね

子ども商工会で何をやるのか?

 

例えば町おこしなら自治体巻き込んだ

「子ども交換留学」とか「子ども社会起業塾」みたいなのを

自治体同士で子どもの視点からのアイデア交換にもなるとおもうのだよね

そこから新しい事業がでたり

親を巻き込んで地域を巻き込めると思う

 

そんなことを考えただけでもうワクワクしているゆっきーです♪

つまり何が言いたいかと言うと・・

ヒトはこどものころからほとんど変わってないってこと!

だから子ども時代は大事ってことです〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

 

今日もあなたに素敵な出会いがありますよ〜〜〜に♪

ばいちゃ!

 

 

 

 

 

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ