めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

こどもの脳は動物脳だから「協力して何かを成し遂げる」って無理!できたらある意味怖いよね

  • 大脳生理学

 

 

 

 

おはようございます♪

お盆ですが奄美はお客様ラッシュです。

昨日から奄美入りした合田家はこどもが四人!

中学1年生を筆頭に、小学生・保育園児・1歳児・・

昔は五人以上の家庭も多かったんだろうけどね

四人いるってだけでも「すごい!」って言われる時代!

確かに学費とか食費とかはすごいと思う。

でも一番すごいのは実はレジャーだったりする

レジャーには補助とかでないしね(笑)

過疎の自治体が町おこしにそんな補助金を作ればいいのにな!って思う

少子化対策にも過疎地対策にもなるんじゃないかな?

そんなことを考えていました。

 

さて、こどもって社会性ないよねつまり!協調性ってとこ!

これは仕方ないのだよ

脳科学的に6歳ぐらいまでは動物脳なので他と協力して何かを作り上げるとか共同作業とか無理なので

なんでかというとうちのらっきーくんは犬とか猫見つけたら追いかけ回すだけだからね?

協力するって気持ちは皆無!一方的〜〜〜!

まあ、らっきー君だけかもしれないけど(笑)

 

とにかく、動物が協力して道具を使い何かを作り上げることは無理なんだって〜〜!

でも、赤ちゃんの時からたくさんの大人と触れ合うことで将来の社会力は断然違うそうです

狭いコミュニティの中だけでなく、たくさんの色んな大人と触れ合い可愛がってもらうってことは

子どもの自己肯定感にも大事なことらしいよ!

そのことは「社会力」って本の中で筑波大学の名誉教授の

門脇先生がおっしゃっています。

 

だから6歳ぐらいまでは協調性でいうとらっきーくんレベルの脳だと思った方が親も楽なんだけどね

 

でも、おもちゃを取り上げたり、そのおもちゃで相手を叩いたり、

汚い言葉で罵り合ったりすると親は焦って制止する。

らっきーくんも!猫が以上に好き?みたいで朝の散歩はリードなしでもお利口に歩いているのに

猫を発見した途端一目散に後を追う!(めちゃ危ないけどリードだと家の周り一周で終わるから時々リードなしで遠出するの)

 

その時に「ダメでしょ!仲良くしなさい!」な〜〜んて言っても無駄だよね?ってこと

 

じゃあ、野蛮なままでいいのか?

んなわけないじゃん(笑)

 

人間だからね

学習能力と承認欲を満たしてあげると小さな子でも少しは進化するのだよ

その両方を可能にする一石二鳥の技がある!

それはね「親子クッキング」なんだよね

 

※こどもクッキングではないよ!

 

親子で定期的にクッキングをするのがいいの

川島隆太先生もホットケージで脳力があがるって言ってるしね

でも、家族だけではなかなか

そして家だと後片付けとか他の用事がきになる・・・

 

ってことでお休みの日は複数の家族でクッキングをするといい!

夏場はデイキャンプ型もいいね

子どものことで結構悩んでるママが最近増えている気がするな〜〜って感じてて

思ったのはそんなことです

 

今日もあなたに素敵な出会いがありますよ〜〜に♪

ばいちゃ!

 

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ