めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

ダメな自分を出すのだ!

  • おすすめ

朝から春雨

今日は朝から雨です。「雨降って地かたまる」とか「一雨ごとに温かくなる」とか、雨の存在は何だかネガティブ・・・雨が降るのは嫌なことだけどそこを通り過ぎたら良くなるのだよ!みたいな時の表現に使われていますね?昨日は今年最後になるであろう桜を楽しみました。今日の雨で散ってしまうのだろうなあ?そんな感じでやっぱり雨はセンチメンタルになるのかも?

 

人間関係とお天気は似てる?

ヒトとの関係も同じかも知れないですね?いつも晴れの日ばかりとは限らない。雨も降れば嵐も起きる。その時に何をするかがその人の人生の根っこになっていくと思う。ちょっとの距離でも傘をさす人、雨の日は出かけない人、雨なんて関係なく動き回っちゃう人、雨が降るとワクワクする人、色んな人がいると思う。私は少し変わっていて雨が降るとワクワクする人です。これは子どもの頃、亜熱帯地方でいつも突然降り出すスコールで鍛えられたせいかも知れない、ワクワクすらしてしまう(笑)だから、人との関係も雨が降ったり嵐になったりすると「面白くなってきたぞ!」ってなる。人間だからいつもどんなときもいい人でいられないし、腹が立つ時もあるし、泣きたくなる時もある。それってお天気に例えると雨だったり嵐だったりするのだから、そこを乗り越えれば関係性が深くなれたり、温かくなったりするんだよね?

 

ダメな自分を受け入れてくれる関係性って大事

私は結構短気だったりする。言いにくいことを平気で言って人を傷つけることもある。人間ちっちゃいなあ!って思うことがこの年になってもたくさんある。でもダメな私を受け入れてくれる人がいるって有り難い。その人の前ではものすごく素直になれる。だから、我慢していい関係を作ろうとストレスためないで、もっとダメな自分を出して怒ったり泣いたりしてもいいと思う。そこから次のステージの人間関係が始まるのだから・・あ!でも変なセミナーとか合宿とかで泣いたり喚いたりして自分をさらけ出すって意味じゃないよ!あくまでも身近な人間関係ね!ダメな自分を出すことでわかってくれる仲間だったり家族だったり・・そんなところで素の自分を出して受け入れてもらうことってすごく大事だと思うし、私もそんな人のことは結構好きだな!少なくてもいいからダメな自分を受け入れてくれる人間関係を作りたいなあと思う。

 

 

桜の散る雨の中で考えたのはそんなことです。今日も良い1日になるといいね!

 

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ