めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

言うことを聞かない子、さわぐ子、って実は理由がちゃんとあったんだ〜!

  • おすすめ

 

 

 

おはようございます♪

北海道ぴっぷ町にいます。朝は18度からの今は28度!

冬は奄美との気温差30度とかだけど夏場はほとんど変わらないってなんだか不思議っす♪

 

さて、昨日のひろっしゅコーチ

講演会がとても楽しかったな〜〜♪

子育て中で悩んでいるママさんには是非聞いて欲しいって思った。

 

2012年からママハタの赤ちゃん先生プロジェクトがスタートして

今までにたくさんの子育て中のママ達と関わって来たのだけど

個人的に思っていたことが昨日のひろっしゅコーチの言葉で確信したんだよね

それは・・・

親の言うことを聞かない子

人前だとなぜかさわぐ子

この子達の親に共通する態度があるな〜〜!ってことです

 

それはこんな感じ・・・

【その1 言うことを聞かないとき親が脅しにかかる】

例えば

「言うこと聞かないとおやつはあげないよ!」とか

「そんな風だとろくな大人になれないよ!」とか

「そんなことしたらおまわりさんに連れて行かれるよ!」とか

脅すのだ(笑)

これは「行動をコントロール」するということらしく5歳ぐらいまでしか効果はないらしい・・・

その後はどうなるのか?こどもは「怖くないもん!」ってなるのだ・・

 

【その2 騒ぐことを前提で親が子どもに対応している】

これ!周りから見たら滑稽だけど親は必死なんだよね

親は「きっとこの子はこう言う行動に出るから事前に阻止しなきゃ!」ってなるか

「どうせ言っても無駄だからだれか怒って〜〜!」ってなっている場合もあったりする

つまり親が子どもがさわぐこと前提で先回りして誘導している感じなのかも(笑)

親が引き出してるんだよね〜〜!まじか〜〜?

 

【その3 うるさい子が静かにしている時には無視している】

そして以外に気づかずにやっているのはこのパターン

いつもうるさい子が静かに本とか読んでいたりすると親は気づかれないように

そっとしておく。つまり無視するのだ

子どもは親の関心を引きたいからさわぐ!さわぐと怒られる!でも無視されるよりも怒られる方が

こどもは親が自分に関心を持ってくれているって嬉しくなるのだそう・・・

そういえば怒ってる親の顔を見て喜んでいる子をよく見かけるもんね

だから、親はこどもが静かな時、いいことをした時にしっかり褒めてあげることが大事なんだそう・・

 

さわぐ子、言うこと聞かない子の親は

知らず知らずこの1〜3の負のステップにはまっている

実は言うことを聞かない子さわぐ子を育てるためのステップになっているらしいのだよね

 

実はうちの二人の子ども達の子育ては結構楽だった

なぜなら人前では引っ込み思案で静かだったから・・・

特に長男は行動を静止すると言うよりも促す方だった。

だからいつも「誰々くんみたいにもっと元気に走り回って欲しい!」っていつも

元気な子のママが羨ましかった。

 

でもね・・実は親子も夫婦もバランスらしいんだよね?

そういえば以前「兄弟はそのポジションでバランスを取り合っている」って聞いたことがある

ということは

子どもが元気な子のお母さんは比較的おとなし目ひかえ目だったりするそう・・

反対に引っ込み思案の子のお母さんは仕切り屋だったりとても元気なママが多いらしい・・

これは夫婦も同じってことらしいよ

バランスを取っているんだよね?

 

そういやパレートの法則

でも聞いたことがある

2割の優秀な豚が出荷されると残りの8割の中から優秀な豚がでてくるとか・・

まあ、こどもと豚を一緒にしちゃいけないかもしれないけど

兄弟姉妹なんかは大体このパターンなんだよね?

ってことは・・・・?

お母さん!我が子に困っていることの原因・・・

実はママの中にあったりするのだよ

 

神様は自分の課題に気づきましょう♪ってことで

バランスの良い子どもを送り出してくれているのだろうね

そんなことを思ったら子どもが愛おしくなるよね(ならないか・・笑)

まあ、何れにしてもこの辺りを理解すると悩みが笑いに変わるかも?

 

そんなことを気付かされた昨日のひろっしゅコーチの講演会でした

ママ脳大学でも主催しよう!って決めた日だったよ♪

 

今日もあなたに素敵な出会いがありますよ〜〜〜に♪

ばいちゃ!

 

 

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ