めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

マニュアルはもういらない!代わりに必要なこと

  • ママの働き方革命

「日本中のママのはたらくを応援したい!」

奄美に拠点を置き、全国を飛びまわってママ脳の凄さを伝えているゆっきーことめぐみゆきこのブログです

 

 

おはようございます♪

昨日の奄美の夕日!パワーハンパないっす♪

 

さて!今日からビックサイトイベントで東京へ行きます。

 

ありがたいことに建設資材大手メーカージャパン建材さんから

ママたちへの2回目のお仕事のオファーです。

 

 

だって、一番長く家に居るのは「ママ」なんですよね?

ってことでその名も「ママ目線の工務店作り」ってコーナー!

ママの本音トークショーや、ママ目線の相談会(これは工務店様へのママ目線アドバイス 笑)

セミナーや赤ちゃん先生クラスにあそびの先生や防災お菓子リュックまで・・・・

 

ママハタの5年間を全てお披露目〜〜〜〜!しちゃいます♪

 

さて、ママハタとして企業さんとのコラボが始まってから5年たちましたが

最近新しく始まったママハタ事業である「赤ちゃん先生企業研修」

 

ママ目線で「女性が結婚や出産を通して活躍できるための研修」という位置付けなんだけど

企業の担当者の方からよくいただくのが

「マニュアルを作って欲しい」というもの

 

 

 

もちろん、社員たちが一丸となって「目の前のお客様を喜ばせるために1」っていう意味での

「行動規範」っていうのはあった方が「楽」なのかも知れない

 

しかし〜〜〜〜〜〜!

 

マニュアルをWikiで調べると

 

マニュアルないし手引書(てびきしょ)とは、ある条件に対応する方法を知らない者(初心者)に対して示し、教えるために標準化・体系化して作られた文書である

 

って出てくる

 

恐らくマニュアルは

 

より効率的に社員を育て、企業や社会に貢献する人材育成のためのもの

 

なんだろうね?

でもそれならより早くより正確に物事を処理できるロボットでいいよね?

 

目の前のお客様はそれぞれ状況も違うし環境も感じ方も違うのだよね

目の前のお客様をみないで

マニュアル通りに行動したらどうなるだろう?

 

 

お客様はきっと悲しむ!

あるいはがっかりする!

もしかしたら腹がたつ!

かも知れない

 

そう!

マニュアルには「感じるこころ」を封じ込めてしまう威力があるのだ!

社員たちは目の前のお客さまを見ずにマニュアルどおりかどうか?を気にして

自分で考えたり

自分で感じたりする力がなくなる

 

「言われた通りにするから指示してください!」

って言う「待ち受け社員」ばかりになるよね?

 

そしてうまくいかなかったらどうなるか?

 

「会社のマニュアル通りにやりましたが、何か?」ってなる

 

極端な話をします・・・

 

 

昔まだ奴隷制度があった時代

雇用主にとって、

奴隷の中で一番怖い存在は

実は脱走を企てている存在でも、反抗する存在でもなく

「諦めている存在」だったらしい

諦めているヒトと仕事をすることほどエネルギーを奪われることってないよね?

 

ヒトはこころで感じて動く生き物だし

そのために生きているといっても過言ではないと思う

 

赤ちゃんの存在は

「ヒトとしての感じる力」を引き出してくれる

 

これからの時代は正確さと速さはロボットにシフトできる!

 

でも、人間だけが持っている「感じる力」を引き出してあげることに気づいた企業だけが

生き残ることができる時代なのかも知れないなって思ったよ。

 

今日のうちのこナウ「オットセイポーズ♪」

かれは感じるちからハンパない!(笑)

 

今日もあなたに素敵な出会いがありますよ〜〜〜に♪

ばいちゃ!

 

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ