めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

ママは支援されてる場合じゃない!

  • おすすめ

ナポレオンさんが言ったそうです

 

「子どもの将来の運命は

その母の努力によって定まる」と・・

 

よく言いますよね?

「子は親の背中を見て育つ」とかって

 

で、やっぱり最近の「保育園落ちた」騒動などをみていると

日本おかしいなあ・・って思うんです

 

働くっていうのはすごくいいことだと思うし

子どものため、将来のため、生活のために収入を得ることも大事なこと

 

そしてそのためには子供を保育園に預けないと働けないから

子供が保育園に落ちたら

「活躍できねーじゃねえか!」って切れる

気持ちはわかるけど

 

何だか違うと思うんです

 

国会前でデモをするのも

エルゴの抱っこ紐に赤ちゃんを入れて国会に行くのも

 

何だか違うと思うんです

 

だって世の中これから大きく変わっていくから

 

働き方だって大きく変わっていくから

 

今回の事で明らかになったことがあるんです

 

気づいていますか?

 

匿名で一人のママが呟いたことが社会現象になり

国会やメディアを巻き込んだってこと

 

気づいてますか?

 

つまり

一個人が

「社会を動かすことができる時代」になったってことなんです

 

例えば今回のことを呟いたのが政治家だったり、企業の幹部だったり、行政の担当者だったりしたら

どうなるか?

 

メディアや対抗勢力、ライバル企業に袋叩きにあって潰されてしまうのです

最近そういえば消えていった政治家や企業の幹部や行政担当者いますよね?

 

なんでか?

 

時代が変わったんです

マンモスが滅びた時のように

巨大な組織は機能しない時代になったんです

 

なぜなら

大きな組織になればなるほど

管理しなければ機能しないんです

でも、今の時代は個人がどんどん意見を発信できる時代なんです

 

だから管理すること自体が不可能になっちゃった

 

個人がちからを発揮出来る時代になっちゃったんです

個人が社会を変えれる時代になっちゃたんです

ママが働き方を変えれる時代になっちゃったんです

 

facebookとかTwitterとかInstagramとかyoutubeとかを使えば

 

お金も時間も場所も気にせず

 

自分の考えや

自分の得意なことや

自分のやっていることを

簡単に発信できて

今回の「保育園落ちた」のような社会現象を作り出すことだってできちゃうんです

 

つまり、政治や企業や行政に頼るのではなく

新しい仕組みやアイデアを自ら実践し、発信することで

たくさんの共感する仲間を動かして

社会の仕組みを変えることもできちゃうんです

 

保育園落ちたなら

保育園入らなくても働ける仕組みを作ればいい

子連れでも働ける仕事を作ればいい

子育て中がメリットになる働き方を創ればいい(あ!これママハタのミッションです)

 

まだ「赤ちゃん先生」知らない方はこちら

https://www.mamahata.net/

 

だからもう世の中おかしいとか言ってる時代じゃないんですってば

気づいた人がどんどん行動しだしているんですってば

 

支援される側にいるとそのことに気づかないんだよね?

 

イギリスの諺

「福祉とは墓場へと続く舗装された道である」

 

支援されながら舗装された道の上を歩くのか

大変だけど自分から新しい道を作るのか

 

子育て中の母親は弱い存在なんかじゃないってことに気づいてほしい

だってフランス革命で最初の皇帝になったナポレオンさんも言ってるのだから

 

「子どもの将来の運命は

その母の努力によって定まる」

 

ってことは・・

「日本の将来はママの努力によって定まる」

ってこと!

 

支援されないからって

文句言ってる場合じゃないよね?

 

今こそ

ママの働き方革命の時だよ〜!

 

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ