めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

間違いを笑いあえる関係性を作る

  • おすすめ

 

 

 

おはようございます♪

今朝も神戸で目が覚めました。今日は今から東京に移動〜〜〜〜♪

東京の電車内は暑いので薄着で行こうと考えているゆっきーです。

 

さてさて、昨日はちょ〜〜面白い講座をやってもらいました。

それは「アドリブ塾」というもの・・

俳優北原雅樹さん(マッキー)が主催するアドリブ劇とかいろんなワークをやってもらいました。

 

ワークは「間違う」ってことを楽しむ内容になっていて

高速しりとりとか

色んなゲームをわざと間違うような構成でやってもらう内容になっている。

日本人って間違いを極端に恐れる傾向があるらしく

間違ってはいけない!って慎重になるから高速しりとりがちょ〜遅い!(笑)

 

多分これって教育とか文化の問題なんだと思う。

間違いを指摘する文化

間違いは正さなければいけないっていう文化

だから間違うことに臆病になる

間違った誰かを笑うことで自分が優位に立つ

 

これは冷やかしになったりひいてはいじめにつながったりもするのかも知れないって思った。

間違った自分を笑える!

間違った仲間を笑える!

そんなこころの広い関係性を作るのにとても面白いワークだった。

 

そして、アドリブ劇は

台本がなくて皆がしっているような物語を四人でやる一人芝居?みたいな感じ

これがまた面白かった

人間って物語に対してもそれぞれの認識が微妙に違うから

例えば有名すぎる「ももたろう」でも四人で語り部になると

内容がぐちゃぐちゃになる(笑)

そして、ワークと同じく「間違えてはいけない病」が出てくるから

話がなかなか前に進まない!

 

自分が思っている自分と

人から見た自分

自分しか知らない自分

未知の自分

っていう「ジョハリの窓」を最後にやって終了♪

 

ヒトは意外と自分のことが一番わからない生き物

そして失敗を必要以上に恐れているのだ

ってことがわかったとても楽しい内容でした

 

一度メンバーでやってもらってはいかがですか?

お問い合わせは(マッキー)まで〜〜〜!

 

今日もあなたに素敵な出会いがありますよ〜〜〜に♪

ばいちゃ!

 

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ