めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

子連れのママだけで売り上げ一億円達成した理由とは?

  • おすすめ

 

 

 

おはようございます♪

今日は大阪箕面の息子の家に泊まった〜〜!箕面はとても良い天気♪今から奄美に帰ります。

 

 

 

昨日、税理士さんから連絡があり、9期目の決算書ができてきました

昨年から黒字化♪売り上げも一億円達成した〜〜〜!

ってことで、ママたちが子連れで働けば売り上げもあげることができるってのが証明されたのが嬉しい!

子連れママの社会起業家集団!

子どもが一緒だとママは勇気が出てどこでもいけるなんだってやれる♪

好きなことを大切な人たちとワクワクしながら行動できる

「あそびが仕事になっている」ってのがすごい♪

 

 

NPO法人ママの働き方応援隊はもともとの団体名が

「NPO法人奄美群島活性化プロジェクトNUGA 」だったんです。

 

以前ゆっきーが株式会社をやっていた頃

巷では夕張市が破綻し、次は「名瀬市だ!(現在の奄美市)」って言われてて

関西に住んでいる奄美出身者で立ち上げたNPOだったんです。

 

自分たちの故郷がなくなってしまう!

っていう強迫観念に思わず団結して立ち上げたんだけど、なかなか動けなくてそのままに・・・

実際に地元にいないヒトが町おこしとかってやっぱり難しいよな〜〜〜?

 

 

そして2009年に今の「ママの働き方応援隊」に名称を変更した。

立ち上げ期の理事会メンバーは錚々(そうそう)たる方々でした。

 

某大手通信会社の代表だった方とか、神戸の大きな弁護士事務所の代表の方とかなかなかの顔ぶれ!

地方から出てきて大都会で頑張って成功した方ばかり!

だからこそ、故郷への想いはひとしおだったんだろうな?って思います。

 

でも、具体的にやることがなかった(笑)のと、それぞれが忙しすぎたんだよね

 

そこで出てきた「社会の課題を解決する」というNPOの20条の中で

ママハタが掲げたのは「子育て中がメリットになる働き方を創る」っていうミッション♪

 

日本では出産で仕事を辞めるママが沢山いる

 

理由は今の働き方では子育てが犠牲になるってこと

「折角産んだ我が子を自分の手で育てたい!」ってなると

仕事は諦めるしかない!

 

そこに全く新しい視点を入れた働き方を実際にやってみた

それが「子連れ出勤」という働き方♪

スタートは孫ののんたん♪の登場だった。

「赤ちゃん連れはビジネスシーンではハンディキャップ」という考え方を

「赤ちゃんがいないとできない仕事を創ろう!」っていう逸脱した発想でビジネスモデルを構築した。

 

そして誕生したのが

「赤ちゃん先生プロジェクト」

 

逆転の発想は子育て中の母親たちにとって「目から鱗」だったみたい!

薄々感じていた「ママ脳パワー」

 

最近ではメディアでも「ママ脳のすごさ」は時々取り上げられるようになった。

ママの凄さはこの三つ♪

 

1)脳内ホルモンによる知覚の劇的な進化

2)365日赤ちゃんのお世話で生じる強制訓練が習慣化されることでの能力UP

3)そして何よりも自分以外の存在を優先するという「利他」の行動

 

人類の進化も

この「ママ脳の進化」と「共同養育」というコミュニティの中での子育てサポートにより

女性が毎年でも子どもが産めるようになり

人口が爆発的に増えたことが要因らしい

 

そう!日本の復活?の鍵は「ママ脳」にあるのだ!って思っているゆっきーです♪

 

今日もあなたに素敵な出会いがありますよ〜〜に♪

ばいちゃ!

 

 

 

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ