めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

近い人ほど伝わらない?

  • ことばたち

「日本中のママのはたらくを応援したい!」

奄美に拠点を置き、全国を飛びまわってママ脳の凄さを伝えているゆっきーことめぐみゆきこのブログです

 

 

おはようございます!

昨日に引き続き強風の奄美です。珍しくちょっとだけ霰(アラレって読むのね)が降ってきたりして

奄美的にはめちゃ寒い1日です。

 

 

さて、「伝えたつもり」でも全然伝わってないってことありませんか?

 

特に近い人

夫婦だったり

親子だっったり

以外と恋人同士(笑)だったり

 

最近ママハタのママたちのブログでも

パートナーとのことが時々出ています。

 

「一番理解してくれていると思ってた」とか

「パートナーが意固地になってきた」とか

「何考えているのか全然わからない」とか(笑)

 

日本人はもともと

ハイコンテクスト文化なんだよね

ハイコンテクストとは?なにか・・・

 

 

「コンテクスト」とはコミュニケーションの基盤である

「言語・共通の知識・体験・価値観・ロジック・嗜好性」などのことです。

 

つまり、日本人はことばも知識(学ぶ環境)も体験や価値観もほぼ、同じってところが

「コンテクストが高い」ってことになる。

 

ハイコンテクスト文化とはコンテクストの共有性が高い文化のことで、伝える努力やスキルがなくても、お互いに相手の意図を察しあうことで、なんとなく通じてしまう環境のことです。
とりわけ日本では、コンテクストが主に共有時間や共有体験に基づいて形成される傾向が強く、「同じ釜のメシを食った」仲間同士ではツーカーで気持ちが通じ合うことになります。ところがその環境が整わないと、今度は一転してコミュニケーションが滞ってしまいます。お互いに話の糸口も見つけられず、会話も弾まず、相手の言わんとしていることがつかめなくなってしまうのです。

 

そう♪

学校とか、職場では頑張ってコミュニケーション取ろうと努力するけど

身近な存在だと

「わかるやろ?」とか

「空気よんでよ!」とか「察してよ!」とか

 

つまり・・・

 

努力しないのだ〜〜〜!

 

今朝の格言でもこんなことが書いてあった(笑)

 

 

いくら日本人同士とはいえ

エスパーじゃないんだから

察するとか空気読むとか無理だからね(笑)

 

でもね

わかるよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

好きな相手のことはわかろうと努力するけどね

 

パートナーにだと「子供じゃあるまいし!」とか

子どもにだと「誰のおかげで大きくなったと思ってんのよ!」とか

恋人ですら「出会った時はこんなじゃなかった!」とか(笑)

 

でもね、考えてみよう

 

もし、明日その相手が出かけたまま帰らぬ人になった時

 

本当に伝えたかったことはなんですか?ってこと・・・

 

 

 

らっきーくんとはローコンテクストっす(笑)

 

 

お隣のおっちゃんに笑顔で挨拶している場合じゃないよ〜〜〜〜!

 

一番大切な人を

一番大切にしなきゃね

 

そのために

SNSって手もあるのだよ♪

お手紙って手もあるね♪

 

ごめん!って言えなかったら

スタンプでもいいし

下手な絵でも良いと思うよ

 

とにかく伝えようぜ〜〜〜〜〜〜〜♪ってこと

 

 

あ!でも、らっきーくんには

おやつと散歩以外は全く伝わりません〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!(笑)

 

ってことで

 

今日もあなたに素敵な出会いがありますよ〜〜〜に♪

ばいちゃ!

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ