めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

究極の少子化対策はこれだね♪

  • おすすめ

 

 

おはようございます♪

今朝は銀座1丁目のホテルで目が覚めました。

今日から東京でのトレーナー講座だよ〜〜!

今回受講者は二人だけ〜〜〜〜〜〜〜〜!

少な〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!受講者少な〜〜〜〜〜〜〜!

でも、今回は何が何でも東京でのリーダーを作ろう!ってことで

ママハタ本部主催で本気です!(って今までも本気だけど・・(笑))

 

 

って言うのも

理由がある!

 

 

それは、大都会東京には国の機関も大企業もたくさんある!

ママたちの声を届けるには一番近い場所なんだよね?

そう!ママ目線での実現可能な少子化対策!これを大都会東京で定言できるママチームを創る♪

 

 

日本は未曾有の少子化に突入!100年後には日本の人口は三分の一になるらしい

まあ、100年後って言われてもピンとこないけどね

 

少子化対策に関しては簡単には語れない色々な課題があるらしい・・

待機児童問題

未婚晩婚問題

長時間労働問題

非正規雇用問題

 

これがその課題の構図(NewsPicksより)

いや〜〜〜〜!気が遠くなるほど課題山積み(笑)

 

で、これに関して

「保育園を作ろう!」とか

「いや!保育士の待遇改善が先だ」とか

「男女の出会いの場を!」とか

「正規雇用、育児休暇、長時間労働、働き方改革などの企業努力を!」とか

「育児支援を!」とか

色々な方々が色々な立場で色々と議論してくれているんだけど

どうも違和感を感じて仕方ない

 

なんでだろ?って思ったら

 

この議論の中に当事者がいない・・・

確かに国会議員さんで子育て中の方とかもいるかも知れないけど少数だし

じゃあその人が頑張って子ども産んでも一人か二人だよね(笑)

 

そして、一番気になるのが

「少子化問題」をそれぞれがそれぞれの思惑の中だけで考えているってこと

 

国は税金のこととか、年金のこととか

企業は消費者が減るイコール存続の危機とか

でもね

だからって「子ども産んでくれ!」って言われてもね〜〜〜(笑)

大事なのは

「子どもを産みたくなる国なのか?」ってとこだと思う。

 

社会的には

電車にベビーカーで乗るなとか

初詣のベビーカー問題とか

 

企業的には

マタハラになるから女性社員を腫れ物扱いの大企業とは対照的な

寿退社がまかり通る中小企業が未だにあったりとか

セクハラだから社内の女性を食事にも誘えない草食を通り越した絶食独身男子の増加とか

 

なんか、視点がちがうくね?って思う。

 

多分、日本は戦後70年以上かけて

人口増加=消費が増える=国が豊かになるって構図で企業主導で国を作ってきた

でもね

もう消費者は

「ものは欲しくない」のだよ

 

大都会で頑張って働いて給料をたくさんもらってたくさん消費して支払いのためにまた頑張って働く

こんな負のスパイラルに疑問を持ち出した人たちが

結婚も子育ても放棄している気がする

 

その根底にあるのは価値観の変化なのだと思う

 

価値観が変わったことで、今までの資本主義経済への

「疑問」と

時代の変革期に起きる

「将来への不安」

 

だから、今までの延長線上での「少子化対策」ってほとんど意味がないと思う

 

こどもは産んだら終わりじゃない

産んでから20年以上の「子育ての責任」が今の日本ではほとんど母親一人の肩にのしかかる

そこに高齢化という親の介護問題も見え隠れする

そんな時代にノーテンキに「10万円あげるから子ども産んでくれ〜〜!」

なんてことを言ってる政治家とか「ウケる〜〜!」って失笑もんだと思う。

 

じゃあ、どうするんだ!って声が聞こえてきそうだけど

 

ゆっきー的な少子化対策は

ずばり!「共同養育」なんだよね?

こどもを産んだら「共同で育てる」ってのは人類700万年の進化の過程での知恵

でも、今の時代は核家族化でそれが機能していない

機能していないなら人口的に作れば良い

しかも当事者たちが作るのだ!

 

そこに国が予算を出し

そこに企業がサポートする

 

そして地域がそこに参画する

ママも赤ちゃんも小中高大学生もおじちゃんおばちゃんに高齢者も

地域みんなが「はたらき」として参画できる仕組みを作るのだよ

新しい時代の「共同養育」の仕組み

 

この街で「子育てしたい!」って思える仕組みを当事者であるママたちが作る♪

2012年から5年間やってきた赤ちゃん先生プロジェクトでのママたちの行動力を見てて

これこそが一番現実的で効果的な「少子化対策」になるんでないの?って思った。

 

朝からNewsPicksの記事を読みながら考えたのはそんなこと

 

 

今日もあなたに素敵な出会いがありますよ〜〜に♪

 

ばいちゃ!

 

 

 

 

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ