めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

社会の課題をビジネスで解決する!

  • おすすめ

こんばんは🎵

久しぶりにジャケ買い(笑)

ライフネット生命の出口治明さんと

フローレンスの駒崎弘樹さんとの対談本

 

実はこのお二人には

赤ちゃん先生立ち上げ前に

それぞれ講演会を企画してお越しいただいているので

面識があるのです。

 

お二人ともすっかりビックになられたので

今はなかなか気軽に講演依頼とかできそうにありませんが・・

 

私が社会起業家に興味をもったきっかけは駒崎さんの

社会を変えるを仕事にする

という名前の本🎵

中身見てちょ〜〜びっくり!

 

社会起業家という事業モデルがあるんだ〜〜〜〜!

アメリカではNPOにCEOとかがいたりして

代表の年収が3000万だったりするんだ〜〜〜!

って年収に反応するとこはさすがearth(ゆっきーはパワフルな虎 BY ISD個性心理学)

 

いや、そんなことでなくて

 

実は私が会社を設立した時に

取引先やエンジェル(投資家)さんによく言われたのが

「お金の匂いがしない!」ってこと・・・・・

つまり稼げるビジネスモデルじゃないね?ってことでした

 

私は基本的に自分が興味あることしかやりたくない人だったから

会社経営とか向いてない(笑)

 

でも、この「社会起業家」っていうのの定義を聞いて

衝撃が走った〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

 

「社会の課題をビジネスで解決する」っていうじゃありませんか・・・旦那!

 

 

つまり・・・

社会の課題が解決されることがビジネスになっちゃうんだよ?

すごくね?

 

 

 

例えば

ノーベル平和賞をもらったグラミン銀行のユヌスさんとかは

アジア最貧国のバングラデシュでマイクロクレジットっていう手法を開発!

 

貧しい主婦にチームで少額の貸付を受けてもらい

それを元手に仕事をしてもらうことで貧困の解決につなげた

 

それまではそういう地域にはNGOとかが入り

学校作ったり、井戸を掘ったり、って感じで援助していたのが

ユヌスさんのマイクロクレジットは貸付なんだよね?

つまり、「儲けてちゃんと返してね!」ってこと。

 

そしてこのモデルがうまくいったのは

1主婦相手である

2チームで連帯責任

3少額である

この3つ!これがマイクロクレジット!つまり

社会起業のビジネスモデルなんだよね?

 

大手の銀行とかは絶対に手を出さないし

発想すらしないと思う

 

貧困の解決と共に

ビジネスになったってこと!

 

つまり!

課題が解決すればするほど

ビジネスもうまくいくのだよ〜〜〜!

 

時代は

資本主義が終わりに来ているとかいってるけど

おそらくこれからの時代は

社会起業家のような発想でビジネスを組み立てていかないと

持続できないところまで来ちゃっているよね?

 

 

そんなこんなで

駒崎さんに触発されて

始まった「赤ちゃん先生プロジェクト」は

五年目〜〜〜!

すっかり定着してきた

 

ありがたいな〜〜〜!

ママ達の脳力ハンパないよ〜〜〜!

 

そして来年からは

新規の社会起業モデルがスタートするよ〜〜🎵

待機児童とか

少子化とか

性差別とか

そんなことを一挙に解決?ってモデルだよ🎵

 

 

これからの時代は

当事者が課題をビジネスで解決出来る時代になると確信しています。

そんなことを思い出した

お二人の対談本

これから社会起業をやりたい!って方には

とてもオススメです〜〜〜!特にママには必読本!

ってことで・・・

 

今日もあなたに素敵な出会いがありますよ〜〜に🎵

ばいちゃ!

 

 

 

 

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ