めぐみゆきこのブログ

ママの働き方革命コンサルタントめぐみゆきこのブログ

生まれ育った「場」のDNA

  • おすすめ

こんばんは〜〜!

奄美はまだまだ夏です。

昼間はまだまだ蝉の声がうるさい〜〜〜〜〜〜〜〜!

 

さて、突然ですが

「場」にはDNAがあるって話です。

 

大都会で暮らしていた時に

BIGINの歌を聴いて魂が震えたのは

多分、自分の中にある奄美の土地のDNAを歌の中に感じたからだと思う

 

今、私が住んでいる奄美大島は5つの島で作られていて

奄美本島

喜界島

沖永良部島

徳之島

与論島

それぞれの島のDNAは微妙に違います。

日本の南の端っこの小さな島たちでもそれぞれに独特なDNAを持っています

 

大都会ってそういう意味では

日本中から様々な土地のDNAを持った人たちが集まってきているんだよね?

それが良くも悪くもエネルギーとなっている

 

で、話を戻すと・・

それぞれの人は自分が生まれた土地のDNAの中にある集合意識の中で個性が作り上げられている

そして、大人になって生まれた土地を離れ、エネルギーが違うところに住むと

色々な歪みみたいなこともあるらしい

 

例えばの話ですが

アマゾンのピラニアを奄美の川に放つと生態系が壊されるみたいな・・

奄美の川でのんびり暮らしていた魚たちがピラニアという凶暴な肉食魚の登場で

「戦うか逃げる」かの選択を一瞬でしないといけない状況に追いやられると

のんびりしていた性格は変わらざるを得ない・・・みたいな話?

 

自分という存在が全く違う土地に行くことで

そこの「場」を良くも悪くも生態系を壊す・・・・

 

私は18歳まで奄美のゆるい環境で暮らしていたけど

18で大阪に出た時に奄美と大阪の土地のDNAの違いに戸惑い半分、好奇心半分だった

若かったから刺激的で面白いって思っていたのだけど多分今思えば

メンタル的にも肉体的にも実は物凄い歪みがあったのだと思う

 

そういう意味では都会のエネルギーはそういう人たちの歪みみたいなものでできているのかも知れないね?

エネルギーは目に見えないけど

間違いなく私たちの体やこころを動かしているから

良い意味でのエネルギーになりたいし、

良いエネルギーと出会いたいと思う

 

私が海が大好きなのは

奄美という土地のDNAは海そのものだからなんだろうな?

 

海や大粒の雨とかめちゃ癒されます。

 

そんなわけで、毎日海が見れる幸せ

なんだかよくわからない話ですが

そんなことを思ったので書いてみました。

 

自分の持つ生まれた土地のDNA探してみると面白いかも?

 

メルマガ登録

関連記事

このページのトップへ